初心者向け

【初心者〜中級者向け】初手の意味合い 〜2六歩と突くとどうなる?〜【居飛車視点】

どうもKirinです!

皆さん初手について深く考えた事あるでしょうか?

振り飛車党の方なら五筋つくか、角道空けるかになることが多いかなと思うんですが、実は居飛車党だと飛車先突くか角道突くかで違いが出てきます。ここら辺僕自身考えるようになったのは上級になってから。それまではどっちでもいいんじゃないかって思ってました。
実は、僕が先手番の棒銀しか解説していないのは先手番でしかやらないですし、後手番では角換わりにならないように指してます。他にも理由があって僕の場合初手は必ず飛車先です!つまり、その違いというのは戦型選びに関わる部分になります。

今回の記事は初手をどう考えて指していくべきか、先手番視点でここを解説していきます。

初手▲2六歩

 

2手目△3四歩

 

 

 

 

 

ここで居飛車党はオーソドックスに考えると3つの手に分かれます。

①-1:4八銀 ①-2:7六歩①-3:2五歩があります。

①-1

まずは4八銀ですが、これは近年指されている形で相手が振り飛車の場合、角道空けずに戦う作戦を目指す(角道不突き左美濃)(cf.振り飛車最前線 対中飛車 角道不突き左美濃 (マイナビ将棋BOOKS))指し方で、居飛車だと棒銀がなくなるので少し損な意味合いがあります。
また、ここから相手が△8四歩と突き居飛車を目指してきた場合、一例ですが

▲7六歩△8五歩▲2二角成△同銀▲8八銀△8六歩▲同歩△同飛

この時に▲4八銀と上がっているがために飛車で銀に紐がついていないのと、後手はすぐに△3三銀とあがれる形にできるので、後手だけ飛車先の歩を交換できる展開になります。これを飛車先交換しない分他に手をかけられると考えて指すのも一つですが、これを好んでは指しにくいかなと思います。

1-②

次に、▲7六歩を見ていきます。よくある定跡がここから大きく分けて4つになります。
①8四歩 ②△4四歩 ③△4二飛 ④△3三角 ⑤3五歩

①8四歩と突くと言う事はここで相手は居飛車の意思を示していることになりますので、横歩取りor相掛かりor角換わりになることが予想されます。ただし場合によっては陽動振り飛車もありえます。

②4四歩と突く場合は、これだけだとまだ相手が居飛車か、振り飛車かわかりません。予想されるのは居飛車であれば嘘矢倉or雁木ですね。

③4二飛は角交換四間飛車が予想されますが4四歩と後で止めるのであればノーマル四間飛車になることも考えられます。

④はかなり実戦的には少ないかもしれないですが、成立している手で、ここは解説させて頂きます。

▲3三角成 △同桂 ▲9六歩  △9四歩 ▲7八銀 △2二飛 ▲6五角 △8八角 ▲9七香 △9九馬

 

 

 

仮に先手から角交換しない場合は、△2二銀と指され角換わりを目指す形や△2二飛と回り、向かい飛車にすることが予想されます。本譜の場合先手側から角交換を挑み、同桂と形を乱しておいて9六歩と突きますが、この手が知っていないと指せない手です。これは進行見て頂ければわかるかと思いますが、9七香と上がれる余地を残すということですね。この進行になるとすると、後手は馬作れますが、先手は一歩とりつつ馬を作ることができます。

結果図 △9九馬まで

 

 

 

 

結果図は、▲4三角成とするのが最善で8三に成ってしまうと後手に一歩入った時8八歩が生じてしまいます。互角の形勢で乱戦得意な人にはもってこいだと思います。大人しくいくなら▲3三角成りとしない方が良いでしょう。

⑤3五歩
▲6八玉 △3二飛 ▲2二角成 △同銀 ▲6五角打 △5二玉 ▲8三角成 △5五角 ▲7七桂 △3六歩 ▲同歩 △同飛 ▲3六歩 △7六飛 ▲5六歩 △4四角

 

 

 

これは後手石田を目指してきた手で、今回紹介するこの進行は結論から言うと先手が良しとされており、プロ間では指されない変化になっています。(アマでは全然指されてるかと思います)乱戦模様になりますが、避けるなら角交換せずに指していきます。ただし石田流を許してしまうので石田流対策ばっちりな人であればあえて角交換する必要性はないかなと思います。

▲3二飛と回ると、角打ちの隙ができるため先手から角交換を行い、馬を作る作戦ですね。事前に▲6八玉とすることで△5五角には▲7七桂を用意して角成を防いでいます。途中▲5六歩と突くと飛車で取れそうに見えますが、△5六飛には▲7四馬とし、△7六飛しかないですが▲6五馬が飛車角両取りになるため、先手優勢になります。そのため5六歩は取れず一旦角を引き、先手5六歩を支えるために飛車を回ります。

結果図 ▲5八飛まで

 

 

 

 

結果図は先手は馬ができている反面玉頭に傷をかかえていますが馬ができている先手持ちですがまだまだ互角の形勢だと考えられます。

1-③

最後に2五歩を解説したいと思います。この手は正直形決め過ぎているのであまりおすすめできないです。例えば2五の地点は後に桂馬跳ねる地点でもあるので、含みを残しながら指すことを考えると▲2五歩まで伸ばさずに相手の手を見ながら駒組進めていくのが良いかと思います。戦型的にはこの後△3三角として▲7六歩〜▲7七角成以下角交換し、角換わりや角交換四間飛車等が予想されます。

2手目△8四歩

△8四歩は2手目3四歩の変化に合流する事が多いのであまり、詳しくやりませんが、8四歩とされた時点で当然ながらノーマル振り飛車はなくなるので、頭の中では陽動振り飛車を警戒しつつ駒組を進めていきます。

この後先手は大きく分けて①7六歩 ②2五歩が考えられ、①は上記でやった変化に合流します。また、②2五歩はほぼ100%次に8五歩と突き合って相掛かりになることが予想されます。

まとめ

初手2六歩は、

・後手石田の牽制になるため(石田流指す人は後手でゴキゲン中飛車を選んでいること多い)戦型を選べるので居飛車党であれば戦型を限定できる意味合いがあります。
・▲2六歩△3四歩▲7六歩だと角代わりになりにくいため(後手手損必要になる)、△3四歩に変えて▲8四歩と来た場合は角換わりの可能性が残り相手が角換わりを得意としていることが予想でき、相掛かりに作戦変更を考えれる。(角代換わり指したくない人の考え方)

 

・ノーマル振り飛車指せない(アタリマエ
・石田流が相手できなくなる(全くないわけではないですが)
・矢倉党であれば2六歩ではなく7六歩から飛車先保留して戦うのが主流なので矢倉を指すなら好んで指す初手ではない。

現代は矢倉が指されなくなってきていることもあり、居飛車を指すなら2六歩が王道かなと考えます。(選択肢を狭めれるのと、居飛車としての作戦が豊富)僕自身は初手角道空けない理由として、

①居合い抜き超速がなくなる。(これは後手番の初手に関してですが)
②石田流苦手
③角換わりあまり得意ではない。(▲2六歩 △8四歩なら相掛かりに持っていく事が可能)
④先手矢倉を指さないのと、相手が矢倉を選んでくれば指すというスタンスでいる。

自分が選択していく戦法と相談しながら初手を考えることが重要です。それによってこれから勉強していく戦型を考えるのもありですし、初手は作戦を決める第一歩になりますので今まで特に気にしてこなかった方は、一度見直してみると良いかもしれません。

 

最後に、この記事を書くにあたり、協力して下さったこいし君には深く御礼申し上げます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です