自戦記

【将棋】 相掛かり、中央への意識【自戦記】

どうもKirinです!今回から、初企画自戦をブログで解説しちゃおうということで「自戦記」を上げていきたいと思います。
今回は、後手番相掛かり。最近僕の中で相掛かりは中央の位をとりにいくことにハマっておりまして、飯島先生の、相掛かり引き角戦法を参考に指しています。本自体は2015年に出たものではあるんですが、切り口が新しく面白いので一見の価値ありです。では実際の対局にいきましょう。

狙いを中央に定めていく

初手から、

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △2四歩
▲2四飛 △2三歩 ▲2六飛 △4二銀 ▲3八銀 △5四歩 ▲1六歩 △5三銀
▲3六歩 △8六歩 ▲8六歩 △8六飛 ▲8七歩 △8四飛 ▲3七銀 △5五歩

1-1

▲4六銀 △4四銀 ▲7六歩 △3四歩 ▲1五歩 △5二金 ▲6八銀 △6二銀
▲7七銀 △5三銀上 ▲6六銀 △5四銀 ▲2八飛 △7四歩 ▲9六歩 △6四歩

 

 

この局面の5五歩瞬間はかなり気持ち良い手でこっちに明確に主張ができた局面でこの位を使って優位に戦っていこうということです。相手が角道をあけていないので、例えば△5五歩を防ぐ意味で▲5六歩とついてしまうと△8六歩▲同歩△同飛の時に横歩(5六歩が取れる)が狙えたりするので、相手が角道あけていないのもポイントです。こちらは浮き飛車なので場合によっては△5四飛と回って△7四歩〜7三桂とすすめて中央志向でいく狙いもあります。ここから、位を支えるために後手は駒組をすすめ、先手もそれに応対していきました。

1-2

▲2五飛 △3三桂 ▲2八飛 △4五桂 ▲3七桂 △3七桂成 ▲3七銀 △6五歩
▲7七銀 △5六歩 ▲5六歩 △4五銀右 ▲5八金 △3五歩 ▲1四歩 △1四歩
▲1三歩 △3六歩 ▲4八銀

 

 

先手も中央に厚く構え、当たりを避けるために飛車を引いてきましたがその間こちらも△5四銀と形良くかまえ銀が威張っており駒がのびのびとしていて後手は気持ちよく指せています。先手は端歩に手をかけているため、こちらとしては端から近づきもせず遠ざかりもせずあえて居玉(端歩が生きないように)で指してその分中央に駒を足していった形になります。

ここから2五飛と相手も5五奪還を目指してきますが、こちらも手順に桂馬を跳ね△4五桂に3七桂馬とあわせられた局面は精算した時に銀が3七に戻るので後手が得しているように思えます。それを見て急所の五筋から後手は攻めていくことに。

1-3

△3七歩成 ▲3七銀 △5七歩 ▲5七金 △5五歩 ▲1四香 △5六銀 ▲5八金 △4五桂 ▲4六銀 △3六歩 ▲3八歩 △1三香 ▲3四桂 △3一角 ▲6八銀

 

 

 

後手としては先手の2枚の銀を押し戻し、後手の押せ押せモードになっています。この局面対局中▲4八銀と引かせ硬くしてしまっているのではないかと考えていました。そのため、本譜では3七歩成りと成り捨てています。しかし、ここで本譜ではなく3一角とひいて△6四角といくのが急所だったようです。あるいは△7五歩〜△5四飛も考えられました。ここから中央から力技で後手としてはいこうとしたんですが、ちょっと空ぶってしまいました。

途中△5六歩てはなく△5六銀からいったのは4五桂と打てるようにしたかったのですが、攻めきれなかったです笑。また、▲1四香と来た時点で香車は手に入りそうだったので、△5七に打っていく手や、△8五香がみえていたので強引にでもいけるだろうと考えてました。

1-4

△8六歩 ▲同歩 △1四香 ▲5七歩 △8六角 ▲8七歩 △6四角 ▲2四歩 △8五香 ▲2三歩成 △3一金 ▲3二と △8七香成 ▲4二と △4二角 ▲4二桂成 △4二玉

 

先手陣は序盤の矢倉で出てくるような形にまで戻りましたね。ただ、後手は2筋は薄いので一点突破されるとすぐに負けになります。途中の先手からの▲3四桂は▲1五桂のような手もあったので、それでどうだったか。

△8六歩の合わせは正直指し手に迷ってしまいぬるかったですね。単に、香車とって良かったと思います。そこから、相手も▲2四歩と反撃に出てこちらも香車を設置しどちらが攻めが早いかの勝負になりました。途中▲4二とは同金(52)で良かったんですが三筋に飛車が直通していると勘違いして△同角としてしまいました・・笑

最終盤

1-5

▲8五歩 △8五飛 ▲8六歩 △7八成香
▲9七角 △8三飛 ▲6四角 △5三金 ▲9一角成 △6九金 ▲4八玉 △6八成香 ▲3五香 △5八成香

 

 

この局面後手の攻めは切れず先手からの反撃が難しいので後手勝勢になっています。ここから、相手も飛車をとめにきますが、△9七角と出た手ではっきりこちらの勝ちになりました。▲9七角〜▲6四角と△8三飛車の交換は絶対得なので。変えて平凡に▲8五歩と飛車とっておいて、△9七角をちらつかせておいても良かったと思いますが、角をとられたくなかったのでしょう。仮に▲8五歩と飛車をとられたとしても、△6九金がかなり厳しく確実に後手は寄せがあり、後手は寄らないので勝ちになってます。

投了図

 

 

 

 

投了図は以下、先手に詰みがあり、1四の香があることで詰んでいます。考えてみましょう!笑

 

解答:▲3九玉に逃げる手は△4八銀〜3九金で並べ詰めなので▲同玉しかないのですが、以下△5七桂▲同銀△同銀▲4五桂△4八玉となり先ほどの手順で並べ詰めとなります。

簡単ですみませんでした。相掛かりの中央志向で指していく形、少し研究すると面白いかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です