居合い抜き超速

居合い抜き超速で中飛車を倒す!【課題局面:▲5九角】

どうも、Kirinです!だいぶサボってしまいました。申し訳ございません。

 

「頭を下げ礼をする女将」[モデル:きせんひろみ]

 

同シリーズの〜機敏な仕掛けで一気にたたみかける!〜で取り扱った△6五銀ぶつけの仕掛けに、▲同銀、△同桂に対し6八角と引いた局面をご紹介致しました。

 

 

今回取り扱っていくのは6八角ではなく、当たりを避けた5九角と引いた局面。

 

 

【課題局面】

 

 

 

この変化の場合、〜機敏な仕掛けで一気にたたみかける!〜での仕掛けと全く同じとはいきません。

見ていきましょう。

 

 

角を引く手には全て突き捨てから

△5九角と引く手には8六歩と突き相手の角の態度を委ねます。同角は既に前述の記事でご紹介した局面。△8五銀と打ち込むんでしたね。

 

問題は、同歩の局面。

 

この手には△3四歩と角道を空けておき、5五歩に狙いを定め次に5七銀〜5五角を狙いに指していきます。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、先手の次の手として三つの候補を解説していきたいと思います。

 

 

①5六飛

②7七桂


③7五歩

 

 

 

①▲5六飛

▲5六飛は一見△5七銀の当たりを避けたように見えますが、継続手があります。

 

1-1

△5四歩 ▲7七桂 △5五歩 ▲5八飛 △7七桂成 ▲同角 △6四銀

 

 

 

 

△5四歩は突っ張った手で▲5六飛を咎めにいった手で、有力です。

 

同歩だと角を成って優勢なので、取らずに相手も桂馬を裁きにきます。5五歩〜7七桂成〜6四銀打は悔しいようですが、次に6五桂を打ちを狙い、攻めは切れません。

 

 

 

仮に相手も4六銀と足してきた場合に▲4四角と上がれば飛車を走り、

 

 

角が▲5九に引くのであれば、△5六歩と突く手が味良し。

 

 

 

 

 

 

②7七桂

①をやるなら単に7七桂のほうが良いんじゃないか。というのが①を検証した結果でございます。

 

思考過程をそのまま今回記事にしているので、こういった形で手の順番だったり手の必要性を考える事は重要です。

 

さて内容ですが、単に▲7七桂馬とした時桂馬を質駒にできるので、△5七銀には▲6五桂馬△5八銀成▲同金として、二枚替えとなり後手としては不満かなというところ。

 

結果図

 

 

 

 

 

なので、シンプルに取って桂馬のおかわり(65桂)をしたら前述の局面に近くなるということ

ですね。ただ、前述と違うのは5五歩が相手の歩であることです。

 


2-1

△同桂 ▲同角 △6五桂 ▲5九角 △5七銀 ▲9八飛 △5五角 ▲5八歩

 

 

 

△6五桂に▲6六角は前述の変化で飛車を走れる。

 

問題は5九角とひき5七銀〜流れるような手順ではあるが最後▲5八歩で銀が捕まっている。後手には好ましい継続手がないため、この変化は有力ではなさそうである。

 

▲9八飛が落ち着いている手で△5五角が先手の攻めになっていないので、じっと▲5八歩と受けれるという構図だ。

 

つまり、△5五角と出る手が5八歩を生じさせて居るので、△5五角に変えて▲5四歩としてどうか。

 

 

 

 

 

 

 

▲同歩には7七桂成があって5八歩もないので後手がさせているように思えます。

 

 

 

③7五歩

7筋は飛車のコビンで一番駒の効いていない筋なので先手としてもここから反撃の狼煙を上げたいところ。

3-1

△5七銀 ▲7八飛 △5五角▲7四歩 △9九角成 ▲7三歩成

 

 

 

これは殴り合いの変化ですね。

前述からいつでもある5七銀〜5五角は狙い筋で、お互いの道を行く展開。

最後▲7三歩成に7七歩と打ちたくなるのですが、それだと駒を裁かれてしまうところがあるので、指したくないのですが、かといって7筋直通なので難しい局面。

 

パッと思いつくのは△8九馬 ▲8二と △7八馬 ▲同金として良い勝負だと思います。

 

結果図

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

▲5九角と一番当たりを避ける変化を見ていきました。

 

「子供ワンポイントアドバイス!」[モデル:ゆうき]

 

・6五桂馬を生かした5七銀〜5五角がよくある手順。
・5七銀は5八歩で死んでしまうため注意が必要。
・桂馬はおかわりするもの

 

今回の変化における良く出てくる手を上げておきました。

 

まだまだ他にも多数変化があると思いますが、また有力な変化、相手の上手い切り返しが隠れていると思うので、アップデートしていきたいと考えております。

 

今回ご紹介した▲5九角は実戦的にも出てくる変化だと思いますので参考にして頂けると幸いです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です