自戦記

【将棋】相掛かり、相手の急所を攻める【自戦記】

どうもKirinです!今回は前回(【将棋】相掛かり、中央から手厚く手を作っていく【自戦記】)、相掛かりで敗戦した相手にリベンジの対局。戦後入れ替えですが、戦型は相掛かりに。優勢な局面から負けにしてしまった対局でしたので、慎重に読みを入れていきました。

この前の負けは「優勢になってからの将棋は難しい」ということを教えてもらったんだ。それを教えてくれた相手に今度は優勢になってから負けちゃいけないんだ。「こいつ、優勢になってからミスするから諦めなきゃ勝てる」、じゃなくて「修正してきたな、やるな」と思わせる。負けたら修正していかなきゃその負けは全く意味ない。負けて気づくことは沢山ある。己の力量には謙虚に、勝負には貪欲であれ。そして対戦相手にはリスペクトしよう。僕らが忘れてはいけないのは相手がいるから「勝負」できるということ。

 

いざ、リベンジマッチへ!

後手番でも中央制圧を目指す

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲3八銀 △4二銀
▲3六歩 △8六歩 ▲8六歩 △8六飛 ▲8七歩 △8四飛 ▲3七銀 △5四歩
▲4六銀 △3四歩 ▲2四歩 △2四歩 ▲2四飛 △3三銀 ▲2八飛 △2三歩
▲7六歩 △4四銀 ▲6六角 △8二飛 ▲7七桂の局面。

この形へいく途中、▲6六角と出てきました。意味としては浮き飛車を嫌った手と角道を通しつつ桂馬を使おうということだと思いますが、欲張ってきました。後手の方針は単純明快で、この角を目標に攻めていきたいところ。前回同様駒をガンガン前に進めていきたいです。

 

1-1

△6二銀 ▲6八銀 △6四歩 ▲5六歩 △6三銀 ▲6九玉 △7四歩 ▲3五歩 △同歩  ▲4四角 △同角 ▲3四銀 △4一角

 

 

ここからさらに駒組が進みます。相手は5六歩と角の退路を確保しますがこちらは一貫して6筋の歩を伸ばして角頭を攻めていきます。それだと角が使いづらくなると見て相手は早々と▲4四角と切ってきましたが、△同角に▲3四銀が受けづらく、△4一角と辛抱する展開になりました。

ただ辛抱するだけ楽しみのある局面で、▲7七桂の桂頭が弱点なので攻めには困らなそうです。問題は2筋が耐えれるかどうか。耐えられないのだとすると戻って△5五歩とどこかで突かなければならなかったということになります。

辛抱して好機を待つ

1-2

▲3七桂 △7五歩 ▲同歩 △7六歩 ▲5五歩 △7三桂 ▲7四歩 △同銀 ▲4五桂 △7七歩成 ▲同銀 △6五桂

 

 

こちらとしては▲3七桂にかえて▲2二歩が嫌みでした。桂馬が跳ねてくる手は4五桂馬まで跳ねても直接駒に当たってくる訳ではないため脅威ではないです。

後手はわかりやすく、桂頭を攻め自陣の桂馬も活用でき気持ちよく攻めれています。この桂馬の動きの差が形勢の差をそのまま表しているように思えます。後手の攻めが早く、ここは後手良しです。辛抱しがいがありました。

▲3七桂馬にかえて、▲2二歩△同角だと▲3五銀と出られてどうか。△同金としたいのですが同金は4三銀成があるので、その点が気になりました。二筋受かってなさそうですが良い切り返しが見つかりません。これでまずかったか。

▲3五銀の局面

 

 

 

 

 

 

1-3

▲6六銀 △7七歩 ▲同銀 △4二桂打 ▲3三歩 △3三桂 ▲3三桂成 △3四桂 ▲3二成桂 △3二角

 

 

▲6六銀〜▲同銀この三手の交換は一歩で一手稼いだ局面でかなり得です。△7七歩同銀ととるなら先手としては他の手を指したかったでしょう。△4二桂打と打つ前の局面は難解で△4二桂打にかえて△5七桂打が最善だったようです。

この手は桂馬が残るとひどいので、読みが入ってないといけないのですが時間がなかったですね。進んで、▲3二成桂にかえて▲3四成桂とされて手を渡されると大変だったと思います。本譜は4二桂の顔が立った展開になったので後手良しのままです。

 

△5七桂馬の局面

 

 

 

 

 

 

△4二桂打にかえ△5七桂打は▲同銀は△同桂成らずから△5五角と出る手ができるので後手勝ち。なので玉を逃げる道が二択五筋方面か三筋方面かですが

五筋方面はじっと3筋伸ばして△3七金打〜4七金、▲3八歩と受けるなら、△5六金〜7七桂成、6八銀等一手一手着実に寄せていけば勝ち。

三筋方面は一度△4九成桂と取っておいて次に△3六歩から▲同銀なら△3七歩、▲6六銀でも△7七銀とぶち込んで攻めに困りません。

 

一気に攻めきる

1-4

 ▲5六桂 △2二角 ▲3三歩 △同角 ▲3一金 △4六桂 ▲3二金 △5八銀 ▲同金 △同桂 ▲同飛 △3二飛

 

 

この局面はすでに後手良しですが、進んで△4六桂と△4二に打った桂馬が大活躍し、5八で精算して局面は後手勝ちです。最後に△3二の金を拾って全く後手陣に嫌味がなくなり、後手は駒も豊富で一手一手寄せて勝ちになりました。

以下棋譜だけ載せておきます。

▲7三角 △6二金 ▲6四角成 △5七銀 ▲2八飛 △7七桂成 ▲同金 △6五桂 ▲7四馬 △7七桂成まで先手投了。

以下は先手受けなし後手玉詰まないので投了やむなし。

リベンジ果たしました!中盤が難解でしたがなんとか勝ちに。優勢になった将棋をしっかり勝ちにしていく。前回できなかったことが今回できたのは良かったです。また頑張ります。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です