自戦記

【将棋】相掛かり、中央から手厚く手を作っていく【自戦記】

どうもKirinです!今回も相掛かり、五筋の位を取っていく形で指した対局をご紹介します。飯島流相掛かりをちょっと変えたような形なんですが、これを体系化すると面白そうな戦い方だなと個人的には思っていまして相掛かりでは積極的に採用しています。

中央をとりにいくのは将棋では大義。堂々と中心を歩き周りを蹴散らす。王様の行進や。この戦い方は相掛かりの王道をいく。この戦型、ブラッシュアップすれば、いける。このブログだけで終わるわけにはいかん。どんどん指して経験値積んで目指すは戦法化すること!いくで、やるで、相掛かり!

ということで、実戦譜いきます。

中央の位を取りにいく

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲6八銀 △7二銀
▲2四歩 △2四歩 ▲2四飛 △2三歩 ▲2六飛 △1四歩 ▲5六歩 △7四歩
▲5七銀 △7三銀 ▲6六銀 △6四銀 ▲5五歩 △3四歩 ▲7六歩 △4一玉
▲4八銀 △3三角 ▲5七銀上 △4二銀 ▲5六銀 △8六歩 ▲8六歩 △8六飛
▲8七歩 △8二飛 ▲4五銀の局面

相手が△3三角と上がって駒組を進めてきたので、角頭を目標に銀を繰り出していきました。一度相手は△4四歩と受ける必要があったかと思いますが、受けなかったのでグングン銀を前に出していけますね。

自玉は居玉で動かしてもプラスになるか難しいので他に手をかけてガンガン攻める方針です。これは【将棋】相掛かり、中央への意識【自戦記】と同じ狙い。

1-1

△3五歩 ▲1六歩 △8六歩 ▲同歩 △8六飛 ▲8七歩 △8五飛 ▲7七桂 △5五飛 ▲5五銀 △5五角 ▲5六歩 △3三角

 

 

この局面は先手が調子良く攻めれてると思います。後手は△3五歩と取られそうな歩を伸ばしてきました。玉と飛車のラインが気になるので一度▲1六歩としましたが玉を動かしてラインを避けることもできたところでどちらが良いかは難しいところです。

相手が飛車先交換してきて▲8五飛車と5五に駒を足してきたので、手順に桂馬跳ねました。ガンガン駒を前に進めていきます。相手もこのままではジリ貧とみて△5五飛と勝負手を放ってきますが冷静に対応していきます。

振り返ると、▲5六歩はいらない手だったように思います。

かえて、▲3四銀や▲8三飛と攻める手を考えどちらにせよ、相手の手持ちの銀を受け駒(▲8三飛に△7二銀と受けさせる手や△2四銀や△2二銀と受けさせる)として使わせてしまえば相手に攻める手順がないので攻撃は最大の防御の精神で指すべきでした。

 

1-2

▲3四銀 △2四角 ▲8三飛 △7二銀 ▲8二飛成 △8六歩 ▲9一龍 △8七歩成 ▲8七金 △3六歩 ▲5八金

 

 

 

ここから、▲3四銀△2四角の交換を入れ、香車をとりに(▲2五香が狙い)▲8三飛と打ちました。△7二銀と受けさせたのは大きな効かしで相手に攻める手がありません。

△8六歩は嫌みですが、手になりそうにもないので、無視して香車をとりにいきます。3六歩に▲5八金は馬を作られそうだったので、一度受けておきました。

 

1-3

△3三銀 ▲4五銀 △8六歩 ▲8六金 △4四銀 ▲3六銀 △3五銀 ▲3五銀 △3五角 ▲2五飛 △2四角

 

 

 

相手は駒不足なので銀をぶつけてきますが、こちらとしては竜の活用を間に合わせたいので▲8三歩の垂らしを狙いに一旦受けに回ります。

さらに△3三銀とぶつけられた局面は本譜4五銀と引きましたが、本譜結局銀交換になってしまったためかえて▲2五銀とひいておくのが最善でした。

以下、△3五角には▲2八飛とひいておいて△3七歩成には▲同桂ととっておいて、3六の地点には銀が効いている形なので手順に桂馬が跳ねれて調子が良いです。

▲3七桂の局面

 

 

 

 

 

 

 

本譜は不本意でしたが銀交換となりましたが、まだまだ先手優勢です。

押せ押せムード一転

1-4

▲3五銀 △3三桂 ▲2八飛 △3五角 ▲3六歩 △3九銀 ▲3八飛 △2六角 ▲3七香 △4五桂 ▲2七歩 △3七桂成 ▲同桂 △2八銀成

 

 

▲3五銀と角を引けば▲2四歩から手になるんですが、△3三桂の切り返しをうっかりしました。これで急転直下。飛車を渡すと陣形的にまずいので逃げましたが、相手の△3九銀からの手順がうまかったですね。

最後の△2八銀成は全く見えていませんでした。▲同飛は△3七角成、△2六歩と角をとっても飛車をとられしびれてます。

ここから攻め込まれ負けに。以下棋譜だけのせておきます。
▲2六歩 △3八成銀 ▲6五桂 △8九飛 ▲7九角打 △7七香 ▲6八玉 △7九香成 ▲同角 △8六飛成 ▲4五桂 △7七角 ▲5七玉 △6五銀 ▲3五香 △7六龍 までの投了。

▲3五銀は安易な手でした。△5七銀のかぶせが気になっていたので▲4六銀ぐらいで受けとくべきでしたでしょうか。じっくり指せば先手が良いのは明らかだっただけに悔しい敗戦でした。得意形で序盤から優勢だったのでこういう将棋を落としているようでは上には上がれません。

優勢になってからの将棋の難しさを改めて思い知りました。これを反省に次回も頑張ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です