将棋考察

居合い抜き超速で中飛車を倒す! 〜5四銀型に対する指し方〜

どうもKirinです!

ちょっと更新遅くなりましたが、このシリーズ続きます。笑 今回は私の実戦を例にご紹介していきたいと思います。この将棋は、銀対抗の形ではなく5四銀とまっすぐ上がった将棋です。

4四銀との違いは、角道が止まっていないので何かの時に5四歩の仕掛けから裁いてくる可能性や銀が4五に上がれる余地を残している反面、角頭が弱点となります。今回は、この5四銀型に対してどうさすべきか見ていきます。

序盤で歩突き超されるのは大丈夫?

まずは、初手から見ていきます。途中図この局面。初手から

▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △6二銀 ▲5八飛 △4二玉 ▲5五歩 △7四歩
▲6八銀 △8五歩 ▲7七角 △7三銀 ▲5七銀 △6四銀 ▲5六銀 △3二玉 ▲6六歩

1-1

△7五歩 ▲6五歩 △7四歩 ▲6四歩 △7七歩成 ▲6三歩成

 

 

 

5四銀型の弱点である角頭は△3二玉に変えてすぐ突く手もありますが、現状いつでも突ける手ではあるので囲い優先しています。こういった形でいつでも指せる手は含みとして残しておく考え方は重要で、その時に一番価値の高い手は何だろう?と考えながら指すのが序盤のコツです。

ただ、先手から▲6六歩と突かれた場合は別です。そのまま黙っていると6五歩を伸ばされ銀を引かなければならなくなり、何をしてるかわからなくなってしまいます。そこで▲6六歩を見て△7五歩を突くのが呼吸です。

取り合いは後手良し

1-1結果図

1-1結果図は玉を戦場から遠ざけれている後手が良いです。先手のときんと相手玉との距離が近いため後手の攻めの方が早く、角銀交換なので後手がやれてると思います。途中7六歩の取り込みに対し▲6六角と逃げる手は7三銀と一度引いておいて、銀が退いたようですが、一歩とれているのと次に△8六歩が残っているのでそれも後手良しになります。(下図)

好形を目指していく

私自身序盤すぐ7五歩つくのは急戦でしっかり五筋に駒寄せて指したいのであまりおすすめできないです。乱戦好きな人なら良いと思いますが、早指し向きではないかなあと考えています。

では、実戦を見ていきます。先ほども申し上げた通り、7五歩は保留して駒組を優先し指していきます。
初手から、▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △6二銀 ▲5五歩 △4二玉 ▲5八飛 △7四歩
▲6八銀 △7三銀 ▲5七銀 △8五歩 ▲7七角 △6四銀 ▲5六銀 △3二玉
▲4八玉 △4二銀 ▲3八玉 △5二金右 ▲2八玉 △7三桂 ▲6六歩 △9四歩
▲9六歩 △8四飛 ▲3八銀

1-3

△7五歩 ▲同歩 △同銀 ▲6五歩 △8六歩 ▲同歩 ▲3四歩△4二角▲2四銀

 

 

 

初手から、目指していくのはやはりこの形。しかし、今回の場合6五銀のぶつけがないので、7五歩を突きたいのですが、7四歩の反撃が必ずどこかであるので、それを防ぐため△8四飛これが重要な手になります。部分的に見ればこれは対振り飛車で出てくるような右銀急戦で出てくる形ですね。攻めの好形でこの形ができれば攻めはそう簡単に切れないはずです。

後手は△7五歩から仕掛け相手は同歩と取りましたがこれは攻めを加速させてしまう手で同歩同銀と手順に銀が前に出られさらに速度上げるため8六歩も突き捨てることができ後手の攻めの調子が良いです。△7六歩は後の桂跳ねを防ぎつつ、角はどこに行くんですかと問うてる手です。相手の角はどこへ?

後手の攻めは成功

1-4

▲4六角 △3五銀 ▲2二歩

 

 

 

 

▲4六角に変えて、▲5七角もあるかと思いますがそれには△7四飛とできるので相手も4六角と転換をはかってきますが、△3五銀が絶品チーズバーガー(笑)▲5四歩に6四を用意しつつ飛車先を通した手で結果図は後手良しとなります。(結果図下)

 

 

 

まとめ

実はこれ私の実戦譜でこのあとPC不具合で負けにはなりましたが、必勝の形まで持っていけました。攻めの形をしっかり作ってから攻めることで右辺でポイントを上げることができた対局です。

・5四銀型でも玉形は銀対抗の時と同じ
・5四銀型は角頭を目標に攻める!
・8四飛+7三桂+6四銀の好形を目指す!

以上となります。最近記事書いてて思う事。

 

角使えてねえ。

 

居合い抜かない超速になってる。抜くぞ?もう抜くからな?って言って抜かない。ダチョウ倶楽部かよまじで笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です