将棋考察

居合い抜き超速で中飛車を倒す! 〜機敏な仕掛けで一気にたたみかける!〜

Kirinです!

皆さんこの記事は関係ないですが、角換わり棒銀は指さないの!?

まぁ指さないですよねー。見ててください、角換わり棒銀の下克上がはじまるんで!

っと、今回は居合い抜き超速でしたね笑。今回は私自身よくやる仕掛けについてご紹介したいと思います。

 

前回の図を基本図として見ていきます。

△4二銀、5二金とする形にしたい理由

基本図

△7三桂まで

 

 

 

まずはこの構えにしたい理由を述べたいと思います。一長一短ではあるのですが、

・銀と金を5三の地点に効かせて先手の5四歩を同歩としなくても受けれる形に
→上部に備える意味合い
・後に6四歩とついたときに6三金とあがれる余地を残す
飛車のコビンをカバーすることも考える。

部分的には、右金は7一にいるのも飛車交換になったとき一段金なので飛車の打ち込みには強くなるメリットがありますが、飛車おろされたとしても5一に駒を埋めれば硬くなるので5二金推奨です。

 

実は大事な一手だった!?

さてこの形からどうやって攻めるかですが、仮に相手が△1六歩としたとしましょう(△7八金は絶好のチャンス→銀が手に入れば割打ちが生じますね)。

私がよく指す仕掛けは△6五銀ぶつけです。これをするには△9四歩を入れておく必要があります。

3-1

▲1六歩 △6五銀

 

 

 

例えば△9四歩とついていないと、△同銀、▲同桂に9五角の飛び出しがあり、これが受けにくく、

・△6二金寄りは▲7一銀の割打ち
・△8三飛車浮きや△7二飛車寄りも銀打ちで飛車にあてられて困っている。
・受けるために銀を手放すのは何がしたいのかもはやわからない笑

何気ない手ですが、この仕掛けには△9四歩は必須でした。

機敏な仕掛け

ちょっと道は逸れましたが、以下▲同銀とする一手に△同桂となりますが、

3-2

▲同銀 △同桂

 

 

 

角の逃げ場所は▲6六、6八、5九の三通りが妥当と考えられ、私の実戦的には▲6八角が多く、4六角の展開を狙っています。

今回は▲6八角とした場合ですが、△8六歩の仕掛けがあり、3-3△同角or3-4△同歩とあります。


3-3

△同角 ▲8五銀

 

 

 

例えば以下▲5九角 △7六銀 ▲7八金 △8七銀成りとなればまだまだ互角の戦いですが飛車先突破できているので、後手の攻めは成功しています。

一方、▲同歩とした場合

  3-4

▲同歩 △5三銀 ▲同角 △同桂 ▲同飛 △8六飛 ▲7七桂

 

 

 

△5三銀とぶちこみます笑。二枚替えにはなりますが、飛車先突破できているのが大きいです。あとは殴り合いという感じでしょうか。

後手は角が使えていないのが痛いのと2三の地点が弱点なのでその筋からの攻めは注意が必要です。以下、8九飛車成として香車を拾いつつ攻め合う展開になります。

あれ?角活躍してないじゃんって?そうですね相手が▲5四歩ついてきてくれるとこちらは指しやすいのですが、相手が5四突いてこない場合は角は腰にさしたままになるかもしれません笑

・居合い抜きをするには相手が5四歩とついてないとできない。
・端歩を受けず一気に銀をぶつけて手順に桂馬をはね一気にたたみかける!(素直に端歩受けるのもあると思います)
・駒損してでも飛車先突破!

 

次回は飛車先突いてきた場合を見ていきたいと思います。(これ先にやるべきだったかな笑)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です