自戦記

【将棋】横歩取り青野流、少しずつポイントを稼ぐ展開に【自戦記】

どうもKirinです!今回は僕の得意戦法である「横歩取り青野流」の将棋をご紹介したいと思います。青野流は先手番の横歩取り戦法の1つで積極的にせめていく攻撃力のある戦型だけに激しい展開になることが多いです。この対局はお互い形を厭わない捻り合いの展開になり、個人的には面白い対局となりました。

 

序盤でポイントを稼ぐ

初手から
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △2四歩 ▲2四飛 △8六歩 ▲8六歩 △8六飛 ▲3四飛 △3三角
▲5八玉

1-1

△7六飛 ▲3三角成 △3三桂 ▲8四飛 △8二歩 ▲2四飛 △2三歩 ▲2八飛 △8六飛 ▲8八銀 △5二玉 ▲3八銀 △7二金 ▲7七角

 

 

これが青野流の第一歩で、飛車を引かずに5八玉として▲3六歩〜3七桂とし、左桂も活用し一気に中央に殺到して攻めていくのが1つの狙いです。今回は、▲5八玉に△7六飛の変化でまた別の将棋になります。この変化の場合は相手に歩を打たせてこちらだけ歩を手持ちにしてポイントを稼いでいく展開に。途中の△8六飛と▲8八銀の交換は手順に銀があがれるので若干得かなという印象です。

この変化は実は始めてやったもので普通は▲3三角成とせずに▲8四飛とし、相手からの△8八角成りに▲同飛を用意します。本譜は力戦調になり駒組が難しく、▲7七角は相手の飛車が六段目にいると歩がつけないので打ちました。

1-2

△8五飛 ▲3六歩 △2二銀 ▲3七銀 △7四歩 ▲8七銀 △7三桂 ▲4六歩 △7五歩 ▲6六角

 

 

ここから、さらに駒組が進んでいきますが、こちらとしては飛車を引いている形で当たりを避けている格好なので3三の桂馬あるいは飛車を目標に指していきました。▲3六歩は銀あがりや桂跳ね、△3三桂を目標にする手で間違いはないかなーと思いながら指していましたが、途中相手の桂跳ねを防ぐ△4六歩の感触が悪かったです。(銀が前に出れない上に玉のコビンがあく)変えて銀上がりが最善だったかと思いますが、△2五飛車がちらついていたのでやりにくかったという印象。

相手からすぐに飛車をぶつける手もあったかと思いますが、△2二銀としておいて▲2一飛のときに△3一金を用意しているんだと考えられます。最終手▲6六角は▲8六歩〜7五角を狙ってます。

飛車を目標に攻めていく

1-3

△6二銀 ▲8六歩 △8四飛 ▲7五角 △7四飛 ▲6六角 △4四歩 ▲7五歩 △8四飛 ▲3八金 △4三金 ▲6八玉 △6四歩 ▲7六銀

 

ここから狙い通り▲8六歩〜7五角として一歩とりにいきました。途中の△4四歩はちょっと無理した手で横歩取りの玉の前3枚の歩は守りの歩なので突きにくい意味合いがありますが、相手としては金銀が立ち後れてるので手が難しいのかなと思います。こちらも玉のコビンがあいて気持ち悪く▲3五歩と突きづらかったので、▲4七角の打ち込みを消してから▲6八玉と寄りました。(△4三金と無理してきているので、相手の手との交換を考えた時に得と考えました。)相手も角を目標にしてきているため、ここからちょっと無理気味ではありますが、飛車を追っていきます。

1-4

△8六飛 ▲8七金 △8三飛 ▲7四歩
△6五桂 ▲8四歩 △6三飛 ▲3五歩
△5四歩 ▲3六銀 △8三歩 ▲3七桂
△5三銀

 

 

ここから飛車を圧迫していきます。本譜は△8三飛と引いてきており、△8四飛と引く手もあったかもしれないですが、当たりが強いので▲7四歩△同飛▲7五銀△9四飛▲7四歩△6五桂▲9六歩から飛車が助かりそうにないのでやらなかったのだと思います。△6三飛まで一直線に進み、桂馬が入れば5五に打ち込むスペースがあるので、取りたいのですが左銀で取りにいくのは守りの銀なのと飛車先のびて嫌なので、右桂に狙いを定めて駒組を進めていきました。相手も5四歩と突き△5五桂の傷を消してきます。

1-5

▲3四歩 △同金 ▲3五歩 △2四金 △4五歩 ▲5五角 △4四歩 ▲同銀 △5五角 ▲同歩 △5四角

 

 

▲4五歩と仕掛ける前に、味付けとして金を反らす順を選んだのですがこれが得なのかどうかは難しかったです。金を質駒にしつつ4筋方面を薄くした上で仕掛けていきました。この辺で仕掛ける前に▲4七金をいれるか迷ったのですが、△3九角の傷があるのでやりにくかったですね。△5五角と打たれ、角交換から五筋に歩が伸びてきて怖いですが、こちらとしても飛車が取れれば確実に攻めれるので攻め合いを目指していきます。

攻め合いどちらが早いか

1-6

△5六歩 ▲6三角成 △同金 ▲3二飛 △5三玉 ▲2二飛成 △5七歩成 ▲7八玉 △5九角打

 

 

相手も急所の五筋からせめて来ますが△同歩ととると▲5三飛があり危ないので先に飛車をとって飛車打ちまで決めていきます。こちらは銀を拾って、相手も5七歩成〜5九角とし次に6九角打ちを狙っていますが実戦中詰めろかどうかこの時点で判断つきませんでしたがどうやら、詰めろにはなっていなかったようです。これは下記に書かせて頂きます。

最終盤5九角が詰めろになっておらず、勝ちに

1-7

▲4五桂 △同桂 ▲5四歩 △同金 ▲6二銀 △5三玉 ▲2四飛 △6九角 ▲8八玉 △8七角成 ▲同玉 △9五桂 ▲9八玉まで後手投了

 

 

本譜時間がなかったためおかしな順ですが、4五桂は悪手で最善は※△7三歩成だったようです。同桂とされ、▲5四歩に△同金とした手がこちらから必至がかけれる状態になり自玉が詰めろになっていないため勝ちになりました。△同金にかえ同玉だと難しかったようです。最後9八玉に8七金と打っても▲同銀△同桂▲同玉で金駒が一枚足りません。後手玉は受けが効かないため投了となりました。

▲4五桂にかえて、7三歩成だと攻めが続く形になります。
△同金には▲6二銀△5四玉▲5二龍△5三歩▲7三銀不成とした手が次に▲2四飛成とした手で詰めろになる。途中△5四玉にかえて4三玉には7三銀成とした手が次の▲2四飛が詰めろになる。
問題はその局面が二手隙になってるかどうかで、

△6九角打▲8八玉△3六馬とする手があり▲2四飛△同歩は▲3四金から△5四玉▲5二竜から△5三歩合いだと詰みます。なので銀合いしかないですが、そこからの寄せが難解。7三歩成を手抜く手は△6九角打▲8八玉△3六馬▲6三と△同馬となり、後者は先手玉が安泰にはなりますがまだまだ大変。どちらにせよ詰ましにこなかった場合はまだまだ良い勝負だったと思います。

 
アンケート

自戦記記事のボリューム


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です