将棋考察

角換わり棒銀で一発かます!② 〜△5四角型の攻防(1)〜

どうもKirinです!

今日は角換わり棒銀第2弾ということで、後手の5四角型に対する指し方を見ていきます。

この△5四角型は角換わり棒銀対策でも有名な指し方で角換わり棒銀側としては知っていなければいけない指し方です。

まずは敵を知るということで、この△5四角型の狙いを見ていきましょう。

 

 

△5四角型の狙い

角換わり棒銀の駒の配置、指し方や狙いは前回やりました。相手の守りの銀と攻めの銀を交換するのが狙いでしたね。

さっそく課題局面にいきたいと思います。

2-1

▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲8八銀 △7七角成
▲7七銀 △4二銀 ▲7八金 △3三銀 ▲2五歩 △3二金 ▲3八銀 △7二銀
▲2七銀 △7四歩 ▲2六銀 △7三銀 ▲1五銀

 

 

この局面、前回は△6四銀と出て攻め合いを目指してきましたが、やはり銀が5段目に既にいるので先手の攻めの方が早く後手がまずくなりました。

 

 

今回はこれに対して△5四角とするのがテーマとなります!

 

2-2

△5四角

 

 

 

 

例えば、ここで先手が単純に▲2四歩とやると、

以下△同歩 ▲同銀 の瞬間に△5四角が2七の地点に効いているため△2七歩

と打つことができ、飛車が逃げると銀がただでとられてしまいます。つまり▲2四歩と先手は仕掛けることができないわけです。

 

△5四角の狙いは飛車先を牽制するという狙いで、一方▲8七の地点も間接的に睨んでいるので、先手がすぐに攻めてこないなら△6四銀〜7五歩と攻める手も見ています。

 

 

・△5四角型は2七と8七の地点に効いている攻防の角

 

これでは角換わり棒銀側が早く攻めれないと逆に早繰り銀から攻められてしまいます。

そこで登場したのが▲3八角(升田新手)という手です。

 

升田新手▲3八角

そんなとこに角うつんか〜い!って思いますよね。僕も最初そう思ったんですよ。なんだこの眩人っぽい手は。って笑

でも意味がわかればなるほど!という手です。

これは先ほどの△2七歩を受けた手になります。狙いとしては、2-2以下例えば、

2-3

▲3八角 △6四銀 ▲2四歩 △同歩 ▲同銀 △2七歩

 

 

今回はこれが成立しません。これは堂々と▲同角としてそこで後手は△同銀ととれるようですが、こちらから▲5四角ととれるのでその瞬間銀取りにもなり結局銀交換になるので、△2七歩は歩を渡してしまい後手の損になります。

 

じゃあ後手はどうするべきだったか?

 

知らないと指せない△4四歩


2-4

△4四歩

 

 

 

そんなとこ突いて意味あんのかよ!って最初思うんです。でも

 

その嘆きが10秒後感心へと昇華する。(大げさ

 

実はこの△4四歩がです。見ていきゃあわかるさ笑 以下、先手がすぐ攻めると


2-5

▲2四歩 △同歩 ▲同銀 △同銀 ▲同飛車

△3三金

 

 

この△3三金がしたいがための△4四歩でした。つまり金をあげることで飛車取りにしつつ、桂馬に紐をつけつつ、後の2二飛車をみているという後に効いてくる手なんです笑

・角で桂馬に紐をつけた意味合い。
・次に飛車が引いた時、△2四歩〜2二飛車と飛車先逆襲を狙っている。

 

これが△5四角型の狙いでした!このまま△2五歩、△2六歩と逆襲されてしまうとなんのために棒銀やったのかわからないですね。ええそうなんです。これでは棒銀まずそうですよね。実はこれには私なりの対策があるんです!

これは次回にしたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です