将棋考察

角換わり棒銀で一発かます! 〜5四角型の攻防(2)〜

Kirinです!

前回は、角換わり棒銀側がまずいんじゃないかというような終わり方でしたが、

大丈夫です!任せてください、

見せてやるよ

角換わり棒銀の神髄をね。(かっこつけんな

 

△4四歩に対してすぐに▲2四歩は成立しない?

前回の図から。

3-1
△3三金まで

 

 

 

実は前回4四歩に対し、2四歩と仕掛けましたが結果から言うとこれでは右の角が使いづらく、逆襲が間に合ってしまう形になります。

なので、△4四歩と突いた局面では

3-2

▲4六歩 △6四銀

 

 

相手もすぐに攻めてこれるわけではないので、▲4六歩と突き左辺にも角使えるようにしておき後手も攻めの態勢を整えるため銀を上げてきます。

 

攻めたはいいけど、飛車はどこへ引く?

さあ、ここから先手も満を持して攻めていきます。


3-4

 

 

 

 

ここで飛車は当然引きますが、引き場所が三つあります。

①2五飛 ②2八飛 ③2四飛

正解から言うと①が正解ですが、②、③がなぜだめなのでしょうか。

<②のパターン>
2八飛車と引いた局面ですが、

3-5

△2七歩 ▲同飛 △同角 ▲同角 △2二飛

 

 

 

途中△2七歩を▲同角としたくなりますが、△2二飛が激痛で▲3八金等で受けても△同角とされ、同金には△3九角もあり収拾つかなくなります。

なので、△2七歩には▲同飛としますが、最終的に△2二飛車には2八歩と受けるしかなくこの形は角が負担になっており2八歩は現状浮いている形なのですぐに6三になり込めない形なので結果図は避けたい変化です。

3-5結果図

 

 

 

 

<③のパターン>

▲2六に引いた局面も実は②とほぼ同じ形になります。

3-6
△3五銀 ▲2八飛

 

 

 

 

これには△3五銀と後手も惜しみなく駒を使い飛車引きを強要します。例えば▲2五飛と浮くと△2六歩から飛車を殺しにくる手があり先手がまずいです。結局2八飛と引いてしまうと②のパターンになり苦しくなってしまいます。

・△4四歩にはすぐ攻めず、3八の角を使いやすくしてから攻めよう。
・飛車の途中下車は2五飛で!

飛車の逆襲?かかってこいよ

3-7
△2四歩 ▲2八飛 △2二飛 ▲6六銀

 

 

 

後手は、飛車の逆襲が狙いなので喜んで2四歩と打ってきて、手損のようですが先手としては打たせたとみます。しかし、このままだと△2五歩 △2六歩と逆襲されてしまいそうですが・・ここで4六歩と突いた効果が出てきます。

▲6六銀!

この手の狙いは相手の5四角がかなり良い位置なのと、先手としては後手が飛車先伸ばしてくる右辺は捨て左辺でポイントを上げるためにこの手が重要な1手になります。

この手にかえて▲2六歩としたくなる方もいるかもしれませんが、飛車先の歩を謝るのは最終手段だと思ってください。(これではせっかく2筋の歩交換したのに相手の言いなりになってしまいます。)

3-8

△2五歩 ▲6五銀打 △2六歩 ▲5四銀 △同歩 ▲7四角

 

 

 

後手はシンプルに飛車先伸ばしてきますが、▲6五銀打とし相手も手抜かず取り合いになったときに最後先手の角が6五に出る味が角の活用と飛車の横利きがとおってくるので味良しです。

そのため先手もそれを手抜いて飛車先をさらに△2六に伸ばします。角銀交換して▲7四角と出た味が良く▲6三になる手と飛車の横利きが通ってきて一石二鳥ですね。かまわず飛車取りに歩をなってきますが…

3-9

△2七歩成 ▲3一角打

 

 

 

▲3一角打が決め手で、後手が飛車を3二に逃げる手はかまわず2七飛とでき飛車の活用がはかれるので先手良しです。なので2四に逃げるぐらいですが▲6三角成とし仮にかまわず後手が飛車をとると、▲6四角成とした手が詰めろになっており結果図は先手の勝ちになっています。


3-9結果図

 

 

 

 

・△2六歩は最終手段、一番最初に考える手ではない!
・自陣の飛車は捨てて、左辺でポイントを稼げ!

 

 

どうですか?角換わり棒銀。やれるんです!ただ途中△2四歩ではなく、△3五銀とする手が書いていて気になったので研究課題とさせて頂きます。△5四角型がきたらチャンスと思えるくらいになりたいですね!

 

 

角換わり棒銀の時代きたろ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です