将棋考察

角代わり棒銀で一発かます!③ 〜端歩の仕掛け〜

どうもKirinです!

今回は有名も有名な棒銀の端からの仕掛けを見ていきたいと思います。ここまで棒銀は先手番で見ていますが、これは個人的に先手でしか棒銀を指さないというのがあります。これについては理由があって他の記事で扱いたいと思ってます。

銀と香車どっちでとる?

はい、こんなん余裕ですよね
局面がすでに目に浮かんだ方もいらっしゃると思います。

まず棒銀は飛車先交換が目標だったので、後手としては五段目に銀をあげさせないことを考えるはずなので、△5四角の対策をやってこないことも十分ありえます。

3-1

▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲8八銀 △7七角成
▲7七銀 △4二銀 ▲2五歩 △3三銀 ▲7八金 △3二金 ▲3八銀 △7二銀
▲2七銀 △7四歩 ▲2六銀 △1四歩 ▲1六歩 △7三銀まで

 

△5四角型にする場合銀交換させて逆襲するのが後手の狙いだったので、五段目の進出を許していましたが、今回は進出を防いだパターンです。

△1四歩とつくことで銀は五段目に上がれなくなるので、ここで先手は銀交換の狙いから端の攻めにシフトチェンジします。相手が歩をついてくれるということはそれだけ駒のぶつかる速度が早くなるということなので逆用する狙いですね。

先の図より▲1五歩 △同歩 ▲同銀 △同香 ▲同香として

3-2

△1六歩 ▲1八歩 △4四銀 ▲2四歩 △同歩

 

 

 

正解は銀で取るということです。仮に△同歩に対して▲同香とした場合△1三歩と打たれ攻めが続きません。なので、銀香交換ではありますが攻めをつなげることを優先して同銀と先手は取ります。全部精算してこの局面後手は△1三歩と受けるのは大人しいので後手は反撃の狼煙を上げます。

・端歩を受けてきたら銀交換は無理、端歩を逆用して攻める

・棒銀の端攻めは香車からでなく銀から!

△2四同歩と最後した局面△1九角と打つ手があり、▲2七飛と浮く一手ですが、△3五銀と飛車を無理矢理とりに行く手があります。

進行例として、△3五銀以下
▲2三歩成 △2六銀打 ▲同飛 △同銀 ▲3二と △同飛と進み、結果図下

んー、駒割りは飛車と金銀二枚替えで駒得ですが、先手の攻め方が難しいですね…。なので若干先手が指しにくいかもしれないです。しかもこの順は相手が選べるところであるのでこの先をきっちり研究しておけば、先手も未来は明るいかもしれません笑 今回はここまでとします。

先手の指し手が難しい

3-3

▲1二角 △2二金 ▲4四角成 △3三金

 

 

 

後手は△1六歩と打ち、1七歩成〜3五角と両取りの狙いです。なので1八歩と先手はあやまります。(香車で受けるのは相手玉が5一にいるため空振りする可能性が高い)

そこで後手は先手から1二香成で桂馬を取りにくる狙いが見えてるのであらかじめ跳ねる余地を残すために、4四銀と上がります。そこで二筋が薄くなるので先手も二筋を狙いたいですが・・

結果図

 

 

 

 

先手は攻めが細いので1二角と打って馬を作る狙いです。これに対し、

①△3三桂と攻めに使う手

②△2二金から手順に金を上げて上部に厚くする手

があり、どちらも有力だと思います。結果図は②のパターンでここから▲1六馬と引きつけ、相手も△2二飛等から逆襲を狙ってくる展開が予想されます。

どちらにせよ、先手は馬を作って辛抱強く指す必要がありそうです。

 

難解ですが、

 

 

難易度Gでも全て壊してみせる!

ここら辺は研究するしかなさそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です