将棋考察

角換わり棒銀で一発かます!〜基礎編〜

どうも、Kirinです!

 

本日は角換わり棒銀の基礎ということで、解説していきたいと思います。

 

 

角換わりって?

角換わりとは序盤に角交換を行い角を手持ちにして戦おうという戦法です。ポイントは

角の打ちこみに気をつけつつ駒の配置を考えていかなければならない

ので、神経を使う展開になります。

今回は角換わり棒銀をテーマに扱いますが、他には早繰り銀、腰掛け銀といった戦法があり、プロ間や高段では腰掛け銀が主流になっています。

なんで角換わり棒銀なの?

チョイスの理由は、

①指し手がわかりやすい。

棒銀の狙いは相手の守りの銀と自分の攻めてる銀の交換。これができれば棒銀側は得していることになります。これを狙いに指していく。

②形を覚えやすい。

→攻め方は非常にシンプル。これは指しやすいとほぼ同意ですが、飛車と銀のコンビネーションで二筋一点狙いですね。

僕自身低級の頃から指していますが、負ける時はぼろぼろに負けて、勝つ時はぼろ勝ちすることが多いです笑。

 

角換わり棒銀ってどう指すの?

では、早速指し方を見ていきます。

まずは手順から。


1-1

▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲8八銀 △7七角成
▲7七銀 △4二銀 ▲7八金 △3三銀 ▲2五歩 △3二金 ▲3八銀 △7二銀
▲2七銀

 

 

これが棒銀の始まりです。

途中▲7七角と上がるのは飛車先交換させない意味

で、相手が角道あけてこないんなら、先手は飛車先伸ばしてこちらだけ一歩持とうという動きですね。なので後手も角道をあけて、▲7七角と一手使ってる分後手から角交換しても後手は手損にならないわけです。

 

ここから後手は早繰り銀or右玉or腰掛け銀(△6五桂速攻型が厄介)or△1四歩の変化と何パターンか対策があります。

 

角換わり棒銀の成功例

例えば、
1-2

△7三銀 ▲1五銀 △6四銀 ▲2四歩 △2四歩
▲2四銀 △2四銀 ▲2四飛 △2三歩 ▲2八飛

 

 

 

となれば、成功です。まさにこれが先ほど紹介した棒銀の狙い、攻めの銀と守りの銀の交換です。

 

 

ここから後手はすぐに△7五歩としたいですが、

1-3

△7五歩 ▲7五歩 △7五銀
▲7六歩 △8六歩 ▲8六歩 △8六銀 ▲8六銀 △8六飛 ▲9五角 

 

 

 

 

と王手飛車があり、後手はすぐに攻めることはできません。なので、後手としてはそれを防ぐために△4二玉や△9五歩とする手があります。(他変化たくさんあると思います)

これには先手から次の狙いとして

①▲4五角から6三の地点を睨みつつ2三の地点を狙う手

②▲1六歩 ▲1五歩 ▲1四歩とのばしていきそこで△同歩なら▲1三歩 △同香 ▲1二歩と垂らしていくような端攻めを目指す指し方があります。

 

どちらにせよ、先手ペースで攻めていけるので、攻めが好きな方にはおすすめの戦法です!

 

 

角換わり棒銀で高みを目指しましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です