小ネタ

恋愛編:某元アイドル似の女の子とマッチングする。

どうもKirinです!

 

Kirinマッチングアプリを始める

 

実は最近某出会い系アプリをはじめた。システムは簡単、お互いに良いと思ったら「マッチング」が成立し、チャットが可能となる。

そう、マッチングしなければ始まらないのである。

俺は毎日、良いねを押し続けてきた。範囲は20~30歳結構守備範囲は狭め(?)に設定し、

プロフィールを見て良ければガンガン良いねを押して行った。もちろん相手からいいねがあり、そこから俺がいいねを押すパターンもある。(まれだった・・)

 

しかし、そう簡単にはいかない。相手からいいねがこないのである。おそらく、女性側はとんでもない数のいいねがきているから、処理しきれないんでしょう。と勝手に思ったりもした。だが、中々こないのだ笑

 

そんなある日、そのアプリに通知がきていた。俺は期待とどうせだめだろうという思いと半々でアプリを開いた。

なんと、マッチングをしていたのだ。俺からいいねをした女性がいいねを返してくれたのだ!早速俺はその熱感が冷める前にメッセージを送った。

 

マッチング開始

 

「はじめまして、Kirinと申します。27歳職業してます。休日は・・以下略。よろしければご飯でもいきましょう」

すっげえありきたり。大丈夫かこれ。と思いつつもとりあえず送ってみた。

返信はその日のうちにきたと記憶している。

「いきましょう!」

1言のみ。これってどうなんだ。相手は俺に興味を思っているのだとすれば質問してくるだ

ろうし、しかし、興味ないのであれば同意してこないよな。これってどうなのよ。しかも、

ご飯いきなりいくか普通?誘ったのも俺だが、仲良くなってから普通いくよな、俺は別にす

ぐ会うのも問題ないが・・・。

と思いながら返信を考えていた。

「ありがとうございます!美味し物でも食べて冬を乗り越えましょう笑好きな食べ物はなんですか。」

と、お互いのことを話すわけでもなくすぐに会おうとする男。

正直、チャットの嫌なところって相手との距離感が掴めないところ。だから、相手がいきま

しょうって言ったのが社交辞令なのであれば、俺は会う話よりお互いの話からはじめなきゃ

いけなかったんじゃないかと今になって思ってる。

とりあえず、返信をしておき、俺は相手の返事を待った。

 

つづく。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です