居合い抜き超速

【将棋】対先手中飛車、居合い抜き超速で序盤から超加速で攻める【自戦記】

どうもKirinです!今回は、僕の得意戦法居合い抜き超速の実戦譜を見ていきます。

居合い抜き超速って何?って方は→居合い抜き超速で中飛車を倒す! 〜基礎編〜相手が銀対抗で来た場合6五銀ぶつけの仕掛けを紹介してきました。

居合い抜き超速で中飛車を倒す! 〜機敏な仕掛けで一気にたたみかける〜でご紹介したのは同銀の変化。今回は6五銀ぶつけを手抜く変化になりました。ここは考察していきたいところです。

居合い斬りとは鞘から刀を抜きのその一瞬で相手に攻撃し鞘へ戻していく動き。勝負がつくのは一瞬。その一瞬を見極めなければならない。だが、タイミングだけではない、間合いも重要。そこに駆け引きがあり、勝負なのだ。女性との間合いは近づくことすらままならず、刀を抜くことすら許されない。まず、土俵に立てていない。だけど、いつでも居合いできるように鞘には刀を入れておく。準備だけはしておこう。

ということで、今回は居合い抜き超速見ていきます。

攻めて攻めて攻めまくる

初手から▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △6二銀 ▲5八飛 △4二玉 ▲5五歩 △7四歩 ▲6八銀 △7三銀 ▲5七銀 △6四銀 ▲6六銀 △3二玉 ▲4八玉 △4二銀 ▲3八玉 △5二金右 ▲2八玉 △7三桂 ▲7八金 △9四歩▲3八銀 △6五銀 ▲1六歩の局面

1-1

△3四歩 ▲5四歩 △7六銀 ▲5三歩成 △同銀

 

 

 

この局面はまさに”チャンス”です。▲5八飛と▲7八金と並んでいるので、割打ちの銀が見えている状態で銀が質駒になっている。そこを利用して攻めたい。▲1六歩はやってこいって手なんですが、傷消しで△5九飛と一度引いておきたかった気がします。

しかし、僕自身銀ぶつけを手抜かれたのは初めてでしたので、慎重に△3四歩と角がいつでも使えるようにしたのですが、ちょっと味消しでしたでしょうか。角道を空けたので角を簡単に裁かせない意味で△7六銀としました。銀をとってしまうと簡単に裁かれてしまうので。▲5四歩は手抜いても取れるような陣形にしてるので▲5三歩成に△同銀と戻しておけば問題ないです。

3四歩にかえて積極的に△6六銀と出る手が有力という声がありました。しかし、同歩とされた変化が角が使えなさそうなので△3四歩とついたところがあります。銀交換は悪い変化ではないんですが、攻めの厚みが減るので極端に駒の偏りのあるこの陣形では一気に攻めれないと、攻め駒を攻められジリ貧になってしまいます。

以下▲同歩は△6九銀▲6八飛△7八銀成▲同飛△6七金とする手があるんですが、ここで△3四歩ってつくなら、突いてからだろうと考えてました。角か飛車とれそうなんですが、飛車先破れていないのでそこまで戦果が上がっていないです。逆にこちらの自陣角が使えてないのが目立ちます。

△6七金の局面

 

 

 

 

 

同歩にかえて▲同角には△6九銀▲6八飛△7八銀成▲同飛△5六金という手が有力だと声がありました。後手からは8六歩や6七金があり、先手が忙しい局面ではありますが、最後手抜いて▲7五歩と突く手があるのですが、それでどうか。これも結局角が残ってしまっています。

 

 

 

 

 

 

どちらにせよ、相手の金銀を裁かせてしまっていて角が使えていないので望む変化でもないですね。

 

 

1-2
▲8八角 △8六歩 ▲8六歩 △8六飛 ▲7七銀 △7七銀成 ▲7七金 △8二飛
▲8七歩 △6五桂 ▲5六飛 △6八銀

 

 

 

角の▲6八〜4六の転換もありましたが、△8八角と引いたため、素直に角頭を攻めていきます。相手も必死に裁きにきますが、▲7七銀は△同銀に、▲同角なら△8九飛成があるので後手良し。なので同金と角に紐をつけつつ、飛車にあててきます。ここは冷静に引いておいて、次に△5七歩が狙いになっているため相手も受けてきます。この局面は先手先手で攻めれてるのでこちらが良いと思って指していました。

△5七歩と叩いてから、△6五桂も考えましたがどちらにせよ、▲5六飛と浮かれる手が見えたので叩かず単に跳ね読み通り相手も▲5六飛と浮いてきました。この局面考えに考えたんですが良い手が見つからず△6八銀と5七桂成と7七の地点に効きを足した手なのですが難しかったです。

銀を手持ちにして△5七に桂馬が成れれば寄せが明快なのですが…。5五歩だと角道止まってしまうのでじっと△6四銀と出る手が好手かもしれません。

攻め駒を足して優勢に

 

1-3

▲7八金 △8八角成 ▲同金 △5七桂成 ▲2六飛 △4四角 ▲7七桂 △7七銀成 ▲7七金 △7七角成 ▲6六銀 △6六馬 ▲6六歩 △8七飛成

 

 

△5七桂成に▲5七飛成△同金▲7九角がありその局面は良い勝負になっていそうですが、▲2六飛と逃げたのでだいぶ得しました。4四角と攻防に効かす手が感触良かったです。▲7七桂は火に油で使えていない銀と桂金交換でさらに後手に馬ができるのでここも得

△6六銀には△5七成桂を生かして攻めたかったので同馬としました。そこで飛車成った局面は、まさに理想通りの展開で後手優勢になっています。

以下危ない変化もありましたが押し切りました。棋譜だけ並べます。

▲6五角△8八龍▲5四歩△6四銀▲5三銀打△5一歩打▲5二銀成△5二金▲5三金打△2四銀打▲5二金△同歩▲5三歩成△同銀▲4六飛△5四桂打▲4一角打△同玉▲4三飛成△4二金打(4二歩の方があやがなかったですね…)▲3二金う△5一玉▲4二金△同銀▲6二金打△同玉▲4二龍△6七角打(4八銀打が明快でした)
▲5八歩打△同成桂▲5三銀打△7三玉▲5二龍△4九成桂▲5四角△4八成桂(詰みがありました。)▲6三龍△8四玉▲7六桂打△同角成までで先手の投了

△4八成桂の局面は飛車切りから並べ詰めでした。実戦は読み切れず自玉を見て詰みないことが確認できたので一手緩めましたがここで詰めれないのは甘いですね。反省です。

△6五銀ぶつけの仕掛けに対し手抜いていく手順は別途考察していきたいと思います。

以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です