将棋考察

Ponanza流▲5八玉型に対する考察

どうもKirinです!

今回は既に下火になっているかもしれないですが横歩取りにおけるPonanza流▲5八玉型について見ていきたいと思います。正直私自身最近まで知りませんでした…笑、対局で指されたので少し調べてみました。

まずはPonanza流とはなんぞや?ということで形から見ていきたいと思います。

Ponanza流▲5八玉型とは?

初手から。▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △2四歩 ▲2四飛 △8六歩 ▲8六歩 △8六飛 ▲5八玉

1-1

▲2二角成 △同銀 ▲3三角打

 

 

 

なんか違和感ありますね?そうです。横歩をとらず▲5八玉とするのがPonanza流です。
意味としては、

・歩得を目指すのではなく先手版を生かしてどんどん駒組を進めていく狙いでイメージとしては後手番の横歩取りを先手版でやっているような感じ。

・将来飛車が8四に回ったときに王手飛車の筋を消している。

他にもあるかもしれないですが、見た印象はこんな感じです。私自身実戦で後手番をもちまして、

 

別にこれ横歩とって普通に指せば関係ないやろ!

 

 

ぐらいに思ってたらハマってしまったので、少しだけご紹介します。

横歩取るのも癪だと感じた私はここで△5二玉と指しこれが実はまずかったようです(そんなん知らねえよ・・笑)

▲5八玉が生き、△5二玉が死んでいく展開に

上の図から

1-2

△2三歩打 ▲3四飛 △3三歩打 ▲8六角 △3四歩 ▲8四飛

 

 

 

この局面▲5八玉 △5二玉の交換が入っていることによってものの見事に成立している手になってしまっているんです(これ対局中気づいて落ち込みました)

ここから例えば△2九飛成 ▲2二角成 △同金▲同飛車が王手になってしまっているのでまずいわけです。ここで△5一に玉があったとしても△同金▲同竜が王手にはならないんですが、△7九竜 ▲同金 7七角打ち(王手飛車)の返し技がないんですね。(これは△5一玉と▲5九玉型だと成立する下図)

一手の違いでこうも違うのが将棋の恐ろしいところです。なので、△8九飛成が成立しません。

 

苦しい展開に

上図から結果、8四飛と回られた局面。

結果図

 

 

 

 

歩を打って辛抱しようと思ったんですが、フタをあけたら

歩切れ受けにくすぎわろた!!ってなりました・・。

ここから本譜△8二飛 ▲8三歩と打たれかなり苦しくなり負け。5二玉はかなり安易に指してしまったんですが、敗着になり何とも言えない気持ちになりました笑

 

どうするべきだったか?

色々調べたり、某元奨励会員に聞いて出た結論が、

5八玉って形決め過ぎだろ!(怒)

ということです。
対策の第一歩として本譜△5二玉に替え、△4一玉を対策として掲げたい。

一例ですが、▲5八玉に対して△4一玉 ▲3八金 △5四歩 ▲3四飛 △5五歩 ▲4八銀 △8二飛 ▲8三歩 △5二飛 ▲8四飛

結果図

 

 

 

 

すなわち▲5八玉と玉形を決めてしまっているので5筋に狙いを定め後だしじゃんけんするわけですね。これは力戦系にもっていくことはできるので相手の研究をはずすことが可能なのではないでしょうか。(金銀が立ち後れているのが気になりますが)

今現在、実戦的にどれだけ出てくるか分からないですし、変化も多いのでこれぐらいにしときます。

・Ponanza流は駒組優先先手版横歩取らせでポイントを上げていく指し方。
・迂闊な手は技をくらうので注意!
・5八玉と玉系を先に決めているので、5筋に狙いを定める!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です