将棋考察

【将棋】対四間飛車、相銀冠の殴り合い【自戦記】

どうもKirinです!今回は対四間飛車の将棋をご紹介します。僕自身先手番だと、端玉銀冠を目指してさすのですが相手がそれを嫌った展開になりました。焦点は「銀の価値の差」になります。

ブログ書く事も実力アップに繋がっていると最近思っているKirinです。

努力したからといって夢は叶うとは限らないけど、努力しなきゃ叶わない。努力の仕方を考えよう。そして継続すること!ダメならまた考えれば良い。

では、実戦譜見ていきます。

端玉銀冠を防ぐ手

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲4八銀 △3三角 ▲5六歩 △3二銀
▲5八金右 △4二飛 ▲2五歩 △6二玉 ▲6八玉 △7二玉 ▲7八玉 △8二玉
▲9六歩 △9四歩 ▲8六歩 △7二銀 ▲8七玉 △4五歩 ▲5七銀 △8八角成
▲8八玉 の局面。

1-1

△3三銀 ▲7八銀 △5二金左 ▲6六歩 △6四歩 ▲6七金 △6三金 ▲7七桂 △7四歩 ▲8七銀 △7三桂 ▲7八金 △5四歩 ▲1六歩 △1四歩 ▲8五歩

 

 

この局面△3三銀と▲5七銀の働きの差と先手の方が駒組が進んでいるのでまだまだこれからですが、先手良しだと思います。▲8七玉〜端玉銀冠を目指したのですが、これはこれで歓迎。ここからさらに駒組が進み、お互い銀冠を目指し先手から▲8五歩と突っ張っていきました。

 

1-2

△8五桂 ▲8五桂 △8四歩 ▲3六歩 △8五歩 ▲3七角 △7三桂 ▲7七桂 △3五歩 ▲2六飛 △3六歩 ▲3六飛 △3八角

 

 

▲8五歩は相手の銀冠を許さないよという手で、こちらは駒組がほぼほぼ終わっていて、相手は指したい手が残っているので手を消しにいきました。本譜△8五桂はよくある筋ですが、△8四歩には▲9三に成り捨てる方が得でした。△8五歩と伸ばす手が味が良いので敵陣を乱しておき、こちらも8筋は歩が効くようになったのでお互い様でしょとやるべきでした。本譜は、少し苦しい展開になってしまいました。手の作り方がこちらから難しいので相手が動くのを待つ受け身の将棋になり不本意でした。しかしながら、最終手の△3八角には良い切り返しがあります。

起死回生の一手

1-3

▲6四角 △2九角成 ▲3三飛成 △3三桂 ▲4二角成 △1九馬 ▲3一飛

 

 

 

▲6四角が逆転の一手で素直に△同金▲3八飛でも▲5三角が残っており手に困っていた先手が指せそうな局面になっています。相手はそうではなく、決戦を選んできましたが先に飛車がおろせるので一手勝ちになっていそうです。▲3一飛車とおろして、次に▲4三馬や、▲5二銀、▲8四歩等を狙いに指していきます。後手も△8五の位を生かして攻め合いの展開になっていきます。

攻め合いどちらが早い?

1-4

△6四歩 ▲8四歩 △7一桂▲5二銀 △6二金引 ▲6一銀不成 △6一金 ▲4三馬 △8六香 ▲6一馬 △8七香成▲8七金 △8六銀 ▲7一馬までで投了

 

 

△6四歩と相手馬の効きを遮断してきますが、これは相手も馬の効きがなくなるので一手パスになってしまいます。シンプルに飛車を下ろされる方が怖かったですね。一方こちらの攻めの手段は困りません。玉頭に効かしを入れ横から攻める、セオリー通りに攻めていきます。▲8四歩を手抜く手は次の▲8三銀と打つ手が厳しいです。最終手の△8六香は明確に勝ちになっていて、▲6一馬と入る手が△7一馬からの詰めろになっていて△同銀も▲同龍で▲8三金の詰めろがかかり受けが効かない形になっています。

9三銀の局面

 

 

 

 

 

▲7一馬△同銀▲同龍△7二銀には▲9三銀△同玉▲7二龍で必至です。

投了図

7一馬まで

 

 

 

投了図以下は△9二玉▲9三金の簡単な詰みになっています。

 

今回序盤で少し劣勢になったので、反省です。相手のミスをしっかりとがめられたのは良かったですがまだまだ甘い手があるので精進します。寄せは我ながら、うまく指せてたんじゃないかと思っています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です