自戦記

【将棋】対三間飛車、四枚銀冠を生かした戦いに【自戦記】

どうもKirinです!

自身の数少ない対三間飛車の対局を載せたいと思います。この対局では僕の棋風では珍しくガッチリ玉を硬くして細い攻めをつないで勝ちにいく将棋になりました。こんなにも玉形が硬いと安心できるのかと思いつつ指していました笑。いつもは玉形は薄い形で指していますので、感覚が違って新鮮で終盤自玉の寄せの計算がしやすいというのはメリットなんですねえ。

では実際の対局を見ていきます。

序盤に仕掛けあり?

初手から▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲4八銀 △3二銀 ▲5六歩 △4三銀▲5八金右 △3二飛 ▲2五歩 △3三角 ▲6八玉 △6二玉 ▲7八玉 △7二玉▲9六歩 △9四歩 ▲8六歩 △8二玉 ▲8七玉 △7二銀 ▲7八銀 △5四歩▲5七銀 △5二金左

1-1

▲6六銀 △1四歩 ▲7九角 △4五歩 ▲1六歩 △6四歩▲7七銀引 △3五歩

 

 

 

 

オーソドックスな天守閣美濃対、美濃囲いの対局となりました。ここから先手は四枚美濃を目指してさらに玉形を硬くしていく方針で指していきました。相手も右辺を整備していきますが、△3五歩ただやん?って思うかもしれませんがこれはです。

▲3五角△7七角成の局面

 

 

 

 

 

 

△3五歩と一見ただなように見えるんですが、▲3五角と出てしまうと△7七角成が王手で銀が取れてしまい、ぽろっと△3五飛車で角が取られてしまいますので、取る事ができません。

1-2

▲6六歩 △1三香 ▲6七金 △8四歩

 

 

 

 

相手はまだ△6五歩とついてきていないので、▲6六歩から6七金と上部に厚くしていきます。天守閣に対し△6五歩と6筋の位をとってくる形は多いですが、相手が6三金とあがっていないので、指してこなかったのだと思います。(反発の余地あり)天守閣に対しては△7一玉と玉上がりを保留して玉頭方面の歩をついてくる形が多い印象ですが、今回は▲6六歩とこちらがつけているので居飛車側は玉形を硬くできました

先ほどと違い▲6六歩が入ったので銀損する展開がなくなっていますので、△8四歩に対し▲3五角と出る手があったようです。以下、

・▲7一角成 △同玉▲6六銀で相手の手番ではありますが、▲2四歩が残っており角を手持ちにしているため受けにくい意味合いがあり、これを良しとする見解

▲6六銀の局面

 

 

 

 

 

・▲同銀△3五飛▲2四歩△3九角▲2六飛△4八角成▲2三歩成△4七馬▲1三と△2五歩▲2八飛で3六香車が残っているので飛車を△3三飛車と引くんですが1四とと引いておいて、

▲1三との局面

 

 

 

 

 

相手に有効な手がないので駒得しているこちらが良いようです(ソフト+1000)がまだまだこれからだと思います。

1-3

▲8八玉 △4二角▲8七銀 △3六歩 ▲同歩 △同飛 ▲3七歩 △3四飛 ▲7八金 △6三金

 

 

本譜は▲3五角も読んでいましたが、踏み込めず、自陣整備しました。ただ、先手から指したい手は少ないので相手に動いてもらう必要があります。セオリー通り▲8七銀と囲いが崩れている時に仕掛けてきましたが、これは簡単に受かるのでこちらとしても織り込み済み。こちらとしては、自陣がしっかりしているので大駒をさばいて攻め合いに持っていきたいところです。

仕掛ける隙ができる

1-4

▲2六飛 △4四銀 ▲3六飛 △3五歩 ▲2六飛 △3三桂 ▲3六歩 △3一角▲2四歩 △同 歩 ▲3五歩 △同 銀 ▲同 角 △同 飛 ▲2四飛 △3八飛成▲3四歩

 

 

 

△3五歩がなくなったので、▲2六飛〜3六飛と強引に飛車を裁きにいきます。相手も分が悪いとみて3五歩と▲打ちますがこうなれば先ほど交換した歩を自ら同じ場所に打ってるので四枚銀冠に組んだ手が得になっています。相手が△3三桂馬と跳ねましたが、1三の香に紐がなくなるため▲3六歩と突き、1三の地点に狙いを定めます。3一角と相手も受けますが、▲2四歩から強引に角銀交換してでも飛車先突破をはかり、この辺は居飛車良しだと思います。ただし、居飛車の攻めは細いので▲2一飛車成ではなく▲3四歩と桂馬取りにいきつつと金をつくりにいきました。

寄せ合いに持っていく

1-5

△5三角 ▲2三飛成 △9五歩 ▲同 歩 △3五角 ▲6八銀打 △4六歩▲同 歩 △同 角 ▲3三歩成 △1九角成 ▲1三龍 △2九龍

 

 

 

△5三角〜3五角、△7九角がかなり怖い手順なので一旦▲2三飛車成りと逃げておいて▲3三歩成をみせます。△3五角と出た局面節約する手と迷ったのですが、がっちり▲6八銀打ちと受けて相手もすぐに攻める手はないとみて、▲3三歩成に期待しました。相手は桂香が現状拾えないのでその間にと金を作ってしまおうという考えです。

そこから4六歩とついてきますが手抜くのは次の△4七歩成りが△3五の角道通りつつと金ができて味が良い。そのため手抜かず△同歩の場合と比較した時に取って仮に△4七歩と垂らした場合どちらも次にと金ができるんですが、前者は角道通る、後者は角道止まったままなので同歩としました。(細かいやり取りですが、一手稼ぐのはかなり大きいので大事なやりとりです。)
本譜は歩を垂らしてこなかったですが、と金作りにくる手が一番嫌でした。ここからお互いの道を突き進んでいきます。

 

1-6
▲7五桂 △6二金引▲9四歩 △9二歩 ▲4三と △4六馬 ▲1一龍 △2一歩 ▲1二龍 △4五角▲3二龍 △5五歩 ▲5三香 △2三角 ▲2一龍

 

 

 

▲7五桂は狙っていた手で、▲8三の地点も睨んでいて本譜相手も金を引きましたが大きな効かし。▲9四歩と伸ばして欲張りましたが相手も△9二歩と謝ってくれたのでかなりこの辺してます。(元々9五歩と相手から仕掛けてきている)ちょっと端が怖い意味合いもありましたがこれでかなり安全になったので、満を持してと金でせめて行きます。△4六馬と▲1一龍の交換ですが、こちらは硬いので馬引かれても響かず、龍は一段目か二段目に置きたかったので問題なかったです。居飛車大優勢だと思います。ここから、五枚銀冠の暴力を開始します。

1-6

△5六角 ▲2九龍 △同角成▲3一飛 △7四馬 ▲5二歩 △4一歩 ▲同飛成 △4九飛 ▲3二龍 △5六桂▲5一歩成

 

 

 

後手は受ける方針でしたが、▲5二歩と打った手が受けがなく先手の攻めは絶対に止まらないことが確定したので、相手もせめて来ます。こちらは堅陣なので自陣を見る必要なく、▲5一歩成とし斜め駒が入ると、▲6一とが詰めろになるので相手も駒を渡す事が出来ず、後は一手一手で勝ちになりました。

以下

△6八桂成 ▲同金引 △9五香 ▲同 香 △6八馬 ▲同 銀 △9七銀
▲同 桂 △8九金 ▲7七玉 △4七飛成 ▲6七香 △5六歩 ▲6一と △同 金
▲8三銀までの投了で。投了図以下詰んでいます。考えてみましょう。(簡単すぎるか…)

 

答えは△同馬▲同桂成△同玉▲7五桂△7四玉▲8三角打△同銀▲6三角打までの詰みです。

玉形の硬さを生かした将棋でいつもとは違う味のある面白い将棋でした。急戦とは攻め味が違うのでまた1つ良い経験ができたと思います。最高R更新1617。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です