自戦記

【将棋】対中飛車、互いに工夫をみせる【自戦記】

どうもKirinです!今回は待ちに待った対中飛車だったんですが、序盤は角換わり模様でした。こちらの手を見て相手が恐らくですが、予定変更してきた形です。こちらもそれに対応した形を作り対抗していきました。駆け引きってやっぱり面白くて相手の考えも参考になりますし、臨機応変に対応できないと作戦負けになっちゃうので構想力は大事!

恋愛も構想力が大事なんだ。女が考えていることは何か。先を見据え相手のしてほしいことをして差し上げる。これはおもてなし。デートプランを立て、オープニングからエンディングまでを演出していく。そして気づいてしまった。俺はいつも構想ではなく妄想していることに。

ということで、僕自身もちょっと工夫した対局で使えそう構想だなと思いましたので載せていきます!

 

 

序盤の駆け引き

初手から▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲7六歩 △4二銀 ▲7八金 △3二金
▲3八銀 △5二飛 ▲3六歩 △5四歩 ▲3七銀 △5五歩 ▲4六銀 △6二玉
▲6八銀 △7二玉 ▲6九玉 △8二玉 ▲7七金


1-1

△5三銀 ▲6六金 △5四銀 ▲7八玉 △7二銀 ▲1六歩 △9四歩▲3七桂 △5一飛 ▲4五銀 △4五銀 ▲4五桂 △4四角

 

 

序盤、角換わり模様で始まった対局だったんですが僕自身角換わり苦手だったので、相手が飛車先ついたら▲6六歩ついて指そうかなと考えていました。ところが、こちらが▲7八金と形を決めたのでそれを見て中飛車にしてきました。超速が得意でしたので似てる形に持っていく為に筋悪いかもしれませんが▲7七金と出て行く形に持っていき、▲5五歩を目標に。▲7八金だと五筋に効いてないし手損もしたくないので6八に銀を残しつつで少し工夫しました。

ここから、相手も5五歩とられてはいけないので、△5三銀と応戦していきます。後でわかったことですが、この瞬間は何も怖くないので、▲6六金と出ても△5四銀と受けられるのはわかっていたので先手必勝で▲6六金に変えて▲4五銀と積極的に行く手もあったかもしれないです。駒組をすすめ、▲4五銀ぶつけで仕掛けますが…

 


1-2

▲2四歩 △同歩 ▲同飛 △3三桂 ▲3三桂成 △3三角 ▲2八飛 △2三歩 ▲4五銀 △7四桂 ▲6五金 △5六歩 ▲5五桂 △6四歩 ▲5四金 △6五銀

 

 

ここから▲2四歩〜2八飛で△2三歩と受けられましたが、ここで居飛車らしく手厚く▲4五銀と打ち五筋を緩和する意味合いと3四〜2三とせめていく狙いで感触は良かったです。しかし、この後の△7四桂馬からうまく裁かれてしまいました。△5六歩を手抜けないのが誤算。また、3七に傷を抱えているので角交換せず▲5五桂と辛抱しようと思ったんですが、火に油を注いだ格好になってしまいました。△5六歩に備え、▲5八金と入っていないのがまずかったです。ただ角交換したときに3九が傷になるので1長1短といえばそれまでですが。△6四歩と金を追われ▲5四金とでますが、△6五銀でしびれてます。

△5五桂打ちにかえて、▲3三角成△同金▲5六銀△3七角と打たれてどうか。相手は銀を持っているので、飛車を捕獲される手順が見えていたので、踏み込めなかったですが、こちらの方が良かったです。こちらも4二角があるので堂々と▲2九飛とひいて△2八銀なら▲4二角で勝負する方が戦えていたでしょうか。

4二角打ちの局面

 

 

 

 

 

 

 

苦しい展開に

 

1-3

▲3四銀 △5四飛 ▲3三銀成 △3三金 ▲5六歩 △7六銀 ▲7五歩▲△8七銀成 ▲8七玉 △8六銀 ▲7八玉 △8七金 ▲7九玉 △8八金 ▲8八玉

 

 

ここで完全に形勢損ねました。駒損が確定しこっちに良いところがないのでかなり劣勢です。泣く泣く、▲3四銀と出ますが平凡に金を取られて角は取れますが、二枚替え。金銀に手をかけたのに取られてしまい玉頭も制圧されては勝てないですね。これは読みが甘かったです。5六歩で桂馬を支える手に対し△7六銀と急所に駒を進められ、△8七銀成が本譜の進行ですが、かえて8六桂と跳ねる手が激痛で指されていたら心折れていたでしょうね笑。▲7五歩が空ぶる形なのでひどいです。相手が角をとってくれたので、ちょっと持ち直しました。変えて7五銀と歩を払いつつ手渡しされても難しかったのでこっちとしては助かりました。

 

1-4

△6九角 ▲7八銀 △4七角成 ▲7四歩 △5六馬 ▲6六金 △5五飛 ▲5六金 △7六桂打 ▲7九玉 △5六飛 ▲5七歩

 

 

△6九角に▲7八銀と受けましたが、本譜の進行になるのであれば金の方が8八の地点にも効いてくるので▲7八金が最善でした。もうここはかなり厳しい状況ですね。△7六桂が入ってしまうと挟撃形ができてしまうので、受けが難しいというかほぼほぼなくなってきてしまいました。

1-5

△4六飛 ▲4八歩 △8八金 ▲6九玉 △7八金 ▲同玉 △7六飛 ▲6九玉 △8七銀成 ▲7三歩成 △同飛  ▲5八玉

 

 

 

ここからどうにか受けようと試みますが、△8八金に▲6九玉 △7九銀で一手一手かと思っていましたが△7八金ととってきたのでまだ逆転の目がある印象です。8七銀成には早逃げしたのですが平凡に▲7七歩と時間稼ぐ手の方がまだあやがありそうです。ここからはずるずる一手一手詰められて負けました。やはり中盤のやり取りで損が大きく押し切られました。

以下、棋譜だけ並べときます。

△5六歩打 ▲4七玉 △7九飛成 ▲3八角打(スナイパー角、一応間接的に7四桂馬狙ってます。)

△4五銀打 ▲5五角打 △4四金 ▲6四角 △7三歩 ▲6六桂打 △5五銀打 ▲7四桂打 △9三玉 ▲5五角 △5五金 ▲3七玉 △4六金 ▲2七玉 △3六金 ▲1八玉 △3七歩打 ▲8二銀打 △8四玉 ▲8五歩打(2七角の方があやがあったかもしれないですね)△8五玉 ▲7七歩打 △3八歩成 ▲7六金打 △8四玉 ▲3八飛 △2七角打まで投了。

以下、▲1七玉は△2六角と駒を足されてしまいます。▲2九玉は△4九龍があるので▲2八に逃げますが△3八角成とし同金は2九飛打ちから簡単なので、同玉ですがこれも△3七飛打から簡単な詰みになってます。▲2八玉には△2七金と入る手がありますし、▲2九玉は△4九龍ですね。

構想としては間違えてなかったと思いますが、中盤の捻り合いで負けてしまいました。ここら辺は経験値積んでいくしかないですね。もっと駒組を進めるなら序盤で相手の玉の端歩を受け5八金まで入れて指す指し方を考えても良いのではないかと終わってみて思いました。

 

やっぱり、駆け引きは力の差が出ますね。力の強い方が勝つ。土壇場で踏み込めるのかどうか。意地と意地の引っ張り合いでもあるんや。どれだけ一致団結できるかが重要になってくる。線を割った方が勝ち!

 

 

 

 

 

 

それ、綱引きや…。

ということで、また今度頑張ります。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です