将棋考察

居合い抜き超速で中飛車を倒す! 〜△6五銀ぶつけを手抜いた変化〜

どうもKirinです!前回までは△6五銀からの手順でnon stopでせめて行く手順をご紹介しました。(cf.居合い抜き超速で中飛車を倒す! 〜機敏な仕掛けで一気にたたみかける〜)今回はその△6五銀を手抜いて来た場合を考察致します。今回は深堀せず、変化手順のパターンを想定しておきます。(良い手順があった場合更新していきます。)

△6五銀ぶつけに対し、▲同銀ととると△同桂が角に当たってきて流れるように攻められてしまうため手抜いて勝負してきた場合振り飛車から良い手順があるのか、見ていきたいと思います。

どんな分岐がある?

まずは基本形から

▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △6二銀 ▲5五歩 △8五歩 ▲7七角 △4二玉
▲5八飛 △7四歩 ▲6八銀 △7三銀 ▲5七銀 △6四銀 ▲6六銀 △5二金右
▲4八玉 △3二玉 ▲3八玉 △4二銀 ▲2八玉 △9四歩 ▲3八銀 △7三桂

基本図

 

 

 

 

ここで△1六歩に対し、▲6五銀とぶつけるのがご紹介した攻め方でした。銀ぶつけを取らない前提であれば1六歩にかえ▲7八金という手も考えられるところです。7六銀と出る手が6七に成る手を見ているのでそれを受けなければなりません。

予め当たりを避ける▲5九角も候補に入れたいと思います。△7六銀に▲7八飛車が気になったので考察します。

今回は、この局面に対し、

① △1六歩△6五銀▲7八金 

② ▲7八金△6五銀▲5九飛 

③ ▲5九角△6五銀▲7八飛

この3パターンに分けてみていきたいと思います。

①▲1六歩△6五銀▲7八金

局面図

 

 

 

 

 

この局面は実戦でも手順前後ですが、現れてきた局面(cf.【将棋】対先手中飛車、居合い抜き超速で序盤から超加速で攻める【自戦記】)です。上記記事でもご紹介しましたが、▲6六銀と取る手が一見良さそうなんですが、うまくいきません。手が広い局面で

・△7六銀▲5九角△6四歩 ・△3四歩▲5九角△7六銀 ・△1四歩▲5九角△7六銀

等が考えられます。どちらにせよ先手は角の当たりを避ける順、後手は銀をとって勝負にいかずポイントを稼ぐことを目指します。△6六銀▲同歩が桂馬が跳ねられなくなり感触悪いのでこの順でいきたいところです。相手に手がないのであれば、端歩を受けて指す順も考えたいところで、分岐が多岐にわたります。

ただここの局面3通りの手が考えられる(手順前後もあり、他にもあると思います)、つまり後手に選択肢があり、個人的にはこの戦型やる以上ガンガン攻めたいので今回は△7六銀〜の順を考えたいのですが…

・△7六銀▲5九角△6四歩

 

 

 

 

 

△6四歩の意味合いは例えば、▲5四歩△同歩▲同飛車のときに、△6三金と強く受ける手を用意した手や現状△8六歩に同角という手があるのでそれを緩和した意味でもあります。ただ▲5四歩は角のラインがあいてくるので相手もやりづらいとこではあります。

ここから例えば▲1五歩と来た場合△8六歩が手になれば良いのですが、▲同角△8八歩▲7五歩(同金は6七銀成がある)と呼び込んでいる意味合いがあり、やりにくいです。

なので△3四歩を考えたくなる(△3四歩▲5九角△7六銀に通ずる手順)のですが、いつでも突ける手なので、手が作れないのだとすると戻って端歩を受け相手の手に対応した方が指しやすいと考えられます。(手の作り方が難しい)

見解:端歩受ける手が有力で、後手から攻める手順は難解。形勢は互角

 

②▲7八金△6五銀▲5九飛

局面図

△7六銀▲6八角△6四歩▲4六角△6三金

 

 

 

この局面、5九飛と割打ちの銀を嫌った手ですが、いかにも一手遅いというのが感覚です。△7六銀に▲6八角とひき、▲4六角〜5四歩が見えるので緩和する意味で△6四歩と突きます。それでも先手は▲4六角と飛車のコビンを攻めてきますが、冷静に△6三金と受けておいて問題なしです。

 

 

 

 

 

この局面はまだまだ互角ですが、先手からの攻めが難しく相手に良い手がないと見て後手は次に△3四歩と角道を通してから△8六歩と攻めていきたいところです。

先手からやるとすれば、積極的にいくなら▲7七銀や、▲7七桂馬ですが▲7七銀には△同銀▲同桂にじっと△7五歩と伸ばし次の△7六歩が受けづらくなっています。▲7七桂馬は遊び駒を活用しているようですが、すぐに手になるような順はないのでやはり△3四歩と突いておいて先手の攻めが難しいです。

見解:後手が指しやすい

 

③▲5九角△6五銀▲7八飛

局面図

△7五歩▲同銀△6七銀成▲7六飛△6五桂▲6八歩△5七桂不成▲6七歩△6九桂成

 

 

 

 

▲7八飛に対し、△6七銀成は手順に▲7四飛とされ抑え込み失敗です。そのため、△7五歩と支える一手ですが▲同銀と重くしておいて△6七銀成とするのがみそでこれなら相手の飛車先が一瞬止まるのでこの間に手を作っていきます。

▲7四銀とされると抑え込まれてしまうので、先に△6五桂と跳ねます。△5七桂成らずはもう受からないので先手からは▲6八歩と打ち、成り銀が逃げるには5七にいくしかありません。しかし、5七に逃げてしまうと▲6六銀が味良しで飛車先を軽くしつつ桂馬取りなので一気に後手悪くなってしまうので、△5七桂不成とし最後取り合った局面。

▲6八角△6五金▲7八飛△3四歩

 

 

 

 

先手の角は7七にいってしまうと△6五金が激痛のため▲4八角の一手ですが、△6五金と打つ手が有力。▲7八飛と△3六飛が考えられますが、▲7八飛には△3四歩!(居合い抜き)満を持してつきます。

例えば▲6六銀と5五の歩を支えつつ飛車先通す手には歩が二枚あるので▲6六銀△7七歩▲同飛△7六歩▲7八飛に△6六金と銀をとって▲同歩なら△6七銀


▲同歩△6七銀打の局面

 

 

 

 

▲同角なら△6五銀と抑えて、まだまだ大変ですが後手の抑え込み成功しています。

 

▲同角△6五銀の局面

 

 

 

 

 

▲3六飛と3四歩を防ぐ手には一見やりづらいですが△7二飛が幸便。当然▲6一銀と割り打ちの銀としてきますが、△7一飛▲5二銀成△同金で先手の受けが難しいです。

 

 

 

 

 

 

例えば▲6六銀△同金▲同角(同飛)△7八飛成はこちらの攻めの方が速いので後手良し。そのため▲6六銀にかえ▲6六金と打ち込む手も考えられるところです。

 

見解:後手の抑え込みが成功し、後手良し

 

まとめ

△6五銀ぶつけに対し、▲同銀とせず手抜く手順を見ていきました。
それぞれの変化は、

・①▲1六歩△6五銀▲7八金は互角で、じっくりとした展開。

・②7八金△6五銀▲5九飛、③▲5九角△6五銀▲7八飛は後手が指せる展開。

①は▲5九角と引く手で共通して難しくなる展開。相手も角をすぐ使えないので、後手としてはその間に少しずつポイントを稼ぎたい。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です